病院について

所長ごあいさつ

所長ごあいさつ 令和4年4月から神奈川県立循環器呼吸器病センター所長に就任した小倉髙志(おぐらたかし)と申します。

 神奈川県立循環器呼吸器病センターは、昭和29年12月に結核療養所「県立長浜療養所」として診療を開始した歴史ある病院です。時代の経過とともに、結核以外の呼吸器疾患や循環器疾患のニーズが高まり、それらに対応するための施設や人員体制を整備し、現在は循環器及び呼吸器の高度専門医療を提供する県立の専門病院として、患者さんに寄り添った心あたたかい医療を提供しています。

 私は呼吸器内科の医師で、当センターが力を入れている間質性肺炎の患者さんを数多く診ています。間質性肺炎は肺の間質を中心に炎症や線維化がおこる肺疾患の総称であり、疾患の種類が多彩で呼吸器疾患の中でも診断が難しいとされる難病です。当センターの間質性肺炎の診断は呼吸器の専門病院の強みを活かし、高精細CT画像により適応を決めて気管支鏡によるクライオ肺生検や呼吸器外科と連携した胸腔鏡下生検による病理診断も加えて検討しています。更に、間質性肺炎センターとして多職種によるチーム医療により患者さん毎に適した治療できる体制を整えています。間質性肺炎は未知なことが多く使用可能な薬剤も限られているため、当センターでは積極的な新薬の治験や臨床研究にも力を入れています。当センターは間質性肺炎の治療実績では過去4年間DPC病院での入院患者数が全国で第1位になるなど、間質性肺炎治療においては全国有数の医療機関です。それ以外にも肺がん(肺がん包括センター)、気胸(気胸センター)、結核、気管支喘息、COPDなど幅広い呼吸器疾患を網羅し、それぞれの疾患に対する経験豊富な医師たちが医療の最前線を支えています。

 当センターのもう一つの顔である循環器疾患の治療では、虚血性心疾患、不整脈、心不全を中心に、あらゆる循環器疾患について予防からリハビリテーションまで総合的な医療を提供しています。その一例が令和2年8月に循環器内科医師が中心となり開設した「息切れ外来」です。息切れには重篤な心臓や肺の病気が起因しているケースもあることから、「息切れ外来」では呼吸器・循環器の両面に着目した検査を行い息切れの原因を分析します。分析後は運動療法専門の理学療法士が患者さんごとに適切な歩き方のトレーニングを行い、心肺機能の改善だけでなく健康寿命向上の後押しをしています。地域に根差した医療機関として、息切れに悩む声に耳を傾け、積極的な相談や検査受診を促し、継続的に患者さんを支えていく体制を整えています。

 また、当センターの新型コロナウイルス感染症への対応については、多くの方々からご支援をいただき、この場を借りて御礼申し上げます。当センターは、令和2年4月1日に感染拡大に対応する神奈川県緊急医療体制「神奈川モデル」の重点医療機関となり、ダイヤモンド・プリンセス号の患者受入れ以降、令和4年4月までに約1150名の新型コロナウイルス感染症陽性患者の受入れを行いました。その一方、通常の外来診療や入院についても可能な限り継続してまいりました。新型コロナウイルス感染症の流行は年単位で続き、最終的な終息はワクチンにより集団免疫が獲得されてからになると予測されています。このような中、新型コロナウイルス感染症拡大に対応しつつ、通常診療をいかに維持・継続していくのか、このことが当センターの目下の課題であると考えます。当センターには、医師、看護師、医療技術職を中心に、優秀なスタッフが数多く揃っています。皆の力を集約し、課題解決に向けた舵取りをすることが所長に就任した私の責務です。今後も職員一丸となって、県民の生命と健康を守る砦としての役割を果たしてまいります 。今後もお力添えくださいますようお願いいたします。

神奈川県立循環器呼吸器病センター
所長 小倉 髙志

診療受付時間

8:30~11:00(平日)

※曜日により診療科が異なります。

外来診療担当表

休診日

土・日・祝日・年末年始

病棟面会時間

13:00~20:00(平日)
11:00~20:00(土日祝)

PAGE TOP