病院について

令和元年度 糖尿病教室の開催報告

 令和元年度(2019年度)より糖尿病教室「講義型」から「体験型」に変え、「糖尿病教室食事勉強会」を開催しました!この教室で得た知識を日常生活に活かすことで、療養支援の一助になればと思います。

 講演は糖尿病・内分泌内科医長 佐々木 真由子 による「みんなで一緒に考える糖尿病治療」というテーマでお話ししました。

令和元年度 糖尿病教室の様子1 令和元年度 糖尿病教室の様子2

 講演後は、塩味テストを行い、自分がどれだけ塩分を摂取しているか調べるとともに、塩味に対しての感度のチェックを行いました。参加された皆様、それぞれの発見や気づきがあったようです。濃度違いの塩味テストを初めて行う方が多く、「こんなに塩分あるの?」と驚きの表情をされていたのが印象的でした。

令和元年度 糖尿病教室の様子3 令和元年度 糖尿病教室の様子4

 その後はいよいよランチの開始です!

 今回はカロリー計算されたお弁当と低カロリー和菓子を用意しました。ご飯は普段使用しているお茶碗を持参していただき、普段の量と比べるため、指示量のごはんをお茶碗に一旦よそってからおかずのみのお弁当に移し替えました。普段は量っていない人が多く、「いつもはもっと多いな」「こんなに!?」「これだけ?」等反応は様々ありました。

令和元年度 糖尿病教室の様子5 令和元年度 糖尿病教室の様子6
令和元年度 糖尿病教室の様子7 令和元年度 糖尿病教室の様子8

 ランチ後は、運動についてリハビリテーション科 理学療法士 鈴木 恵美 による「ストレッチ運動」を行い、参加された皆様と一緒に糖尿病サポートチームスタッフ全員で、運動を約15分間行いました。

令和元年度 糖尿病教室の様子9 令和元年度 糖尿病教室の様子10

 食事や運動は糖尿病治療の土台であり、正しい知識と適切な食事・運動習慣を毎日取り入れることで血糖値が安定し合併症の予防に繋がります。
 講義だけではなく、カロリー計算されたお弁当を食べて、実際に体を動かしてみるなど、糖尿病について学ぶことができ、参加された方々からも好評をいただきました。
 これからも分かりやすく皆様に取り入れやすい情報を提供していきたいと考えております。お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!

イラスト

 糖尿病教室は、令和2年度も行います。詳しくは日程が決まり次第このホームページでお知らせします。今回、ご参加いただけなかった皆様も次回はお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

糖尿病サポートチーム

PAGE TOP