病院について

出張医療講座

 当センターでは、地域の関係機関と連携し、当センターの医師、看護師、管理栄養士等が出張し、当センターの取り扱う疾患等についてお話する「出張医療講座」を実施しています。
 今年度は以下の日程で開催しますので、機会がありましたらぜひ一度ご参加ください。

平成28年度 開催予定
第71回 開催日時 平成28年11月10日(木)13時00分~
会場 コモア六浦町内会館
講師 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 山口明希奈
演題 「肺の生活習慣病」COPDって何?~COPDにならないために~
概要 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は「肺の生活習慣病」とも言われており、肺に炎症が起こり、咳や痰が増えて息苦しくなる病気です。大気汚染やタバコの煙などの有害物質を長期間吸い込むことで発症し、近年では患者数や死亡率が増加傾向にあります。進行する前に発見し、早期治療を開始することが大切ですが、見逃されがちな現状があります。今回は皆さんの肺を守っていくために、COPDがどのような病気なのか、発症予防のために気をつけられることをお話いたします。
第72回 開催日時 平成28年11月17日(木)13時00分~
会場 西金沢地域ケアプラザ
講師 集中ケア看護認定看護師 小林 恵子
演題 廃用症候群予防について(自宅で出来るリハビリテーション)
概要 高齢者では、転倒や入院を機に筋力の低下が知らないうちに進行し、気がついた時には「起きられない」「歩くことが出来ない」などの状況が少なくありません。最悪な状態では、寝たきりとなってしまうことがあります。寝たきり状態になると、関節が拘縮してしまうだけでなく、起立性低血圧や、静脈血栓症などを引き起こしたり、尿路感染症や誤嚥することによる肺炎や、褥瘡(じょくそう)=床ずれ、を起こしやすくなります。「年だからしかたがない」ではなく、寝たきりにならないために家庭で出来る運動をご紹介し、高齢者の皆さんがいきいきと生活できるようにお役に立てればと思います。
第73回 開催日時 平成28年11月29日(火)13時30分~
会場 泥亀地域ケアプラザ
講師 緩和ケア認定看護師 松尾 里香
演題 むくみの話
概要 一言でむくみと言っても様々な原因から起こります。原因によって経過が違い、ケアの方法も変わります。原因にそったケアでないと「やってもやっても変わらない。」と言うことが起こります。むくみを見極め、自宅でできる効果的なケアの方法をお伝えします。
第74回 開催日時 平成28年12月15日(木)13時30分~
会場 高舟台自治会館
講師 慢性心不全看護認定看護師 川田さとみ
演題 心臓と心不全について一緒に学んでみませんか?
概要 「心不全」とは、心臓の機能が十分でない状態を言います。
心臓の病気を抱えていても、元気な方はたくさんいらっしゃいますね。それはなぜでしょう?心不全は病気や年齢だけではなく、食事や活動などの生活習慣も深く関ります。病気を抱えていても心不全とうまく付き合うことで、元気に長生きしながら、生活を楽しむことができるのです。そのために、心不全を正しく理解し、自己管理する方法を看護師の立場からお話したいと思います。
第75回 開催日時 平成29年2月 日( ) 時 分~
会場 寺前町町内会館
講師 慢性疾患看護専門看護師 鶴見 恵子
演題 高血圧っていったい何が問題なの?
概要 高血圧の有病率は生活習慣病の中で最も多いにもかかわらず、症状がほとんどないことから検診で指摘されても受診しない人が多い病気です。高血圧は放置すると動脈硬化を進展させさまざまな心血管病を引き起こす要因となります。今回は、高血圧を身近に感じてもらい、気楽に取り組める家庭血圧測定や生活習慣改善のコツなど、普段の健康管理に役立つ情報をご紹介します。
第76回 開催日時 平成29年3月10日(金) 時 分~
会場 能見台地域ケアプラザ
講師 がん化学療法看護認定看護師 佐藤 宏子
演題 がんと診断を受けたときの意思決定
概要 がんと告知されたときにおこる心理反応は衝撃をうけ、その後不安、抑うつ気分、不眠、食欲低下など日常生活に支障をきたしますが、およそ2~4週間でこれまでの生活状況(適応)に戻ると言われています。そのような状況の中で病状や治療法などを理解し、選択をしなくてはならないとき、どうすれば良いのか。かん化学療法看護認定看護師の立場からお話します。

PAGE TOP