平成27年度 神奈川県循環器呼吸器病センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 20 34 46 181 301 1015 1496 718 81
【定義】
10歳刻みの年齢階級別患者数で、90歳以上は1つの階級として設定しています。
年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。
【解説】
呼吸器疾患や循環器疾患の特性上、60歳以上の患者さんの割合が高く、85%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 525 17.79 20.63 1.14 70.86
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 264 2.66 3.29 0 69.23
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 167 14.31 14.34 4.19 75.37
【解説】
呼吸器内科では、間質性肺炎で内科的治療(ステロイド、免疫抑制剤、抗線維化薬など)を受けている患者さんが最も多く、県外からも多くの患者さんを受入れており、すべての患者さんに、最適な治療が提供できるよう多職種によるチーム医療を展開しています。
その次が、肺がん又は肺がんの疑いで、気管支鏡検査を受けている患者さんが多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 411 3.19 3.07 0.73 70.02
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 177 5.01 4.87 0.56 71.19
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 112 16.28 18.3 7.14 81.78
【解説】
循環器内科では、狭心症や慢性虚血性心疾患の治療方針の確定のために、心臓カテーテル検査を受けている患者さんが最も多くなっています。
その次の経皮的冠動脈形成術等では、薬剤溶出性ステントを積極的に使用し、再狭窄率も10%以下となっています。適応の有無は十分に患者さんへの説明を行った上で決定しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 124 14.08 13.03 2.42 68.79
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 61 9.18 20.63 0 63.44
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 9.28 9.68 0 33.72
【解説】
呼吸器外科では、肺がんで手術を受けている患者さんが最も多く、そのほとんどを安全で低侵襲(患者さんの体への負担が少ない。)な胸腔鏡下手術で実施しています。
その次が、全国的にも多くの患者さんを受け入れている間質性肺炎の詳細診断のための胸腔鏡下試験切除術を受けている患者さんになっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 29 23.1 25.69 0 69.28
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 23 21.52 28.59 0 66.74
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 14 3.14 3.46 0 67
【解説】
心臓血管外科では、心臓弁膜症で弁置換術や弁形成術を受けている患者さんが最も多く、その次が、狭心症や慢性虚血性心疾患で冠動脈バイパス移植術等と心臓カテーテル検査を受けている患者さんになっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - - - - - -
乳癌 - 1 7
肺癌 93 46 154 219 269 91 1 7
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
病期分類とは、がんがどれくらい進行しているかを意味し、Stage IからStage IVまであり、Stage IVが最も進行していることになります。
「初発」とは、自施設でがんの診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合で、「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者さんを診療した場合や、治療がん寛解後に再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合をいいます。
なお、初発として計上した患者さんは再発には計上していません。
※病期分類基準の1は、「UICC TNM分類第7版」に基づいたものです。
【解説】
肺がんは、診断時にはすでに進行している症例が多く、これらの患者さんに対し、多職種が連携して包括的に診断、治療を行っています。
さらに、症状に応じた緩和治療や他疾患を合併した症例にも対応しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 27 10.78 60.48
重症度 1 31 14.19 81.81
重症度 2 21 26.86 80.19
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
【定義】
日常生活を送っている中で発症した市中肺炎のうち、入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎であり、さらにその中でもICD-10コードがJ13~J18で始まるものに限定しています。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
≪A-DROPシステム≫
下記のうち1項目該当すれば重症度1、2項目該当すれば重症度2という方法で分類し、評価数値が高ければ重症となります。
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN 21mg/dL以上又は脱水あり
3.酸素飽和度 90%以下
4.意識障害
5.収縮期血圧 90mmHg以下
【解説】
成人市中肺炎の重症度が0から2までの患者さんを中心に、各重症度や症状に応じた医療を提供しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【定義】
DPCの最も医療資源を投入した傷病がMDC06の脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳卒中の続発症にあたる症例を対象に、ICD‐10の上3桁で集計しています。
【解説】
当センターは、呼吸器と循環器疾患の専門病院であるため、脳梗塞の患者さんの診療は対象外となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 160 2.06 2.95 0.63 71.38
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 42 2.31 11.02 0 77.62
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 38 1.03 4.76 0 65.97
【解説】
循環器内科では、経皮的手術を行っており、狭心症や心筋梗塞に対して「K5493経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの」を最も多く施行しています。
その次が、「K5972ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 」になっています。
またH28年度は、不整脈の中で最も多い心房細動に対する「経皮的カテーテル心筋焼灼術(肺静脈と心房の間に心臓の中から焼灼を行う手術)」が、実績を延ばしています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える 等 78 4.13 11.23 3.85 70.1
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 68 2.88 5.29 0 63.44
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるも 等 49 5.47 4.24 0 38.67
【解説】
呼吸器外科では、肺がんに対しての安全で低侵襲(患者さんの体への負担が少ない)手術である「K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)」を最も多く施行しています。
その次が、間質性肺炎の詳細診断のための「K488-4胸腔鏡下試験切除術」になっています。
「K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)」は気胸に対して施行しています。
当センターは、気胸の患者さんを幅広く受け入れ、それぞれの患者さんに最適な治療を提供するためのホットラインを設置し、24時間対応しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 25 8.12 18.52 8 65.36
K5551 弁置換術(1弁のもの) 18 3.39 18.11 0 75.56
K5542 弁形成術(2弁のもの) 10 6.9 15.6 0 67.6
【解説】
心臓血管外科では、主に狭心症や慢性虚血性心疾患に対しての「K5522冠動脈バイパス移植術(2吻合以上)」を最も多く施行しています。
その次が、「K5551弁置換術(1弁のもの)」になっています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - - - - -
【解説】
胸腔鏡下手術は、呼吸器外科で施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
【定義】
最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固」、「敗血症」、「その他の真菌症」、「手術・術後の合併症」について患者数をカウントし、全患者に対する発症率を算出しています。
【解説】
当センターは、いずれも症例数10以下となっています。
更新履歴
2016/9/29
病院指標を公開しました。