その他のお知らせ

低被曝撮影が可能なCT装置の導入について

 当センターでは、このたび、従来よりも低被曝かつ短時間での撮影が可能な、320列CT装置(東芝製 Aquilion One GENESIS Edition)を導入しました。同機種の最新バージョンによる、県内初の導入となります。

超高速撮影が可能となりました

 今回導入される320列CTは世界一広い撮影範囲を有しており、16cmの範囲を0.275秒の瞬速スキャンで撮影し最新の画像再構成技術で高画質撮影が可能です。心臓のような動く臓器の場合でも超高速に撮影しているため、ゆがみやひずみが生じません。

患者さんに優しいCT装置です

 新装置には、最新の画像再構成技術をフルに利⽤した革命的な被曝軽減技術が盛り込まれています。また、従来に比較し大幅な撮影時間の短縮が可能となるため、血管系のCT検査における造影剤の使⽤量を、従来の2分の1程度まで大幅に減少させることが可能になりました。

心血管CT検査に力を発揮します

 新装置では、従来では検査の難しかった⻑い息⽌めができない患者さんや不整脈のある患者さんにもより完成度の高い映像を提供することが可能になりました。また、頭頚部やその他全身の血管においても、より優しく質の高い検査が可能になりました。

お問い合わせ

 地域連携室 045-701-9581(代表)

低被曝撮影が可能なCT装置の導入について

診療受付時間

8:30~11:00(平日)

※曜日により診療科が異なります。

外来診療担当表

休診日

土・日・祝日・年末年始

病棟面会時間

13:00~20:00(平日)
11:00~20:00(土日祝)

PAGE TOP