慢性呼吸器疾患看護専門研修

慢性呼吸器疾患看護専門研修のご案内

 平成29年5月からの研修の募集を開始しました!

【趣 旨】
 当センターでは、呼吸器疾患の専門病院として専門的な医療の推進を目指して、平成25年より肺がん包括診療センターの開設や包括的呼吸リハビリテーションを開始し、平成27年11月には、「間質性肺炎センター(IPセンター)」を設置し、より専門的なチーム医療の医療を推進してきた。
 この度、今後増加する慢性呼吸器疾患患者・家族のQOL向上を目指し、より専門的な看護実践能力を有する看護師の人材育成を目的に平成28年度より、慢性呼吸器疾患看護専門研修を立ち上げた。本研修は、患者さんやご家族から直接話を聴く機会を設け、将来の地域包括ケアの推進を目指し、広く外部に募集を行い、院外の病院や訪問看護師などと連携を図り、共に学びを深めあう研修内容とした。

【目 的】
 慢性呼吸器疾患看護分野において、患者と家族が望む医療と療養生活を支援できる看護実践能力を育成する。

【目 標】

  1. 慢性呼吸器疾患患者の病態を把握し、総合的にアセスメントできる。
  2. 各病期において起こりうる心理的、社会的およびスピリチュアルな問題を理解し、看護実践につなげられる。
  3. 病態・症状に応じた呼吸リハビリテーションの実際と看護師の役割について理解できる。
  4. 患者とその家族が症状に応じた自己管理ができるよう支援できる。
  5. 慢性呼吸器疾患患者・家族の権利を擁護し、意思決定を尊重した看護を実践できる。
  6. より質の高い医療を推進するため、多職種と協働し、チームの一員として役割を果たすことができる。

 

募集要項

【募集人員】
 15名程度

【受講期間・日時】
 平成平成29年5月~平成30年9月 合計1年半で修了予定
 原則、第2土曜日9:00~12:30を中心とし、一部1日開講や午後のみもあります。(講師の都合や研修内容により変更の可能性あり)

【受講資格】
 受講申し込みには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 原則、看護師経験3年以上で呼吸器疾患患者の看護の経験がある看護師
  2. 原則、横浜市内(二次医療圏の南部地区)の病院や訪問看護ステーションなど勤務者
  3. 研修企画の全日程参加できる看護師

【申し込み方法】
 申し込みに必要な書類を申し込み期間内にFAXにより申し込みをしてください。

  1. 第1回慢性呼吸器疾患専門研修申込用紙(本ページの以下に掲載しているPDFファイル)
    様式に従って記入しFAXしてください。
  2. 申込用紙の提出先及び問い合わせ先
     〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
      TEL 045-701-9581  FAX 045-786-4770
      神奈川県立循環器呼吸器病センター看護局内
      平成29年度慢性呼吸器疾患専門研修運営事務局 担当者宛て
  3. 申し込み期間
     平成29年3月22日(水)~4月17日(月)必着

【受講決定及びお知らせ方法】

  1. 受講決定は、平成29年4月下旬の予定です。
  2. 受講決定後、慢性呼吸器疾患看護専門研修事務局より郵便にてお知らせ致します。

【個人情報の取り扱い】
 研修受講申請を通じて、取得した個人情報については、次のとおり取り扱いしますので、予めご了承ください。

  1. 個人情報については、「神奈川県個人情報保護条例(平成2年3月試行)」に基づいて取り扱います。
  2. 申請書類等に記載された氏名その他の個人情報については、①受講者決定、②研修受講手続業務を行うために利用します。

【交通案内】

交通案内

 

授業科目概要

月日 内 容 ねらい
5月20日(土) 慢性呼吸器疾患の最新の動向と病態理解 最新の動向や病態・治療が理解できる。
6月10日(土) シンポジューム「慢性呼吸器疾患のチーム医療」
慢性呼吸器疾患看護概論①
病期に応じた患者の看護が理解できる。
7月15日(土)
9:10~16:20
慢性呼吸器疾患看護概論②【演習】
慢性呼吸器疾患患者の栄養管理
慢性呼吸器疾患患者の家族看護
軌跡理論について学び実践に活用できる。
栄養管理について学び、患者支援に役立てる。
家族看護理論を理解し家族支援に活用できる。
9月9日(土) 事例研究発表会
事例研究の進め方
事例研究について理解し、取り組むことができる。
10月14日(土) 療養に向けた意思決定・生活支援 QOL向上を目指したセルフマネージメントを学ぶ。
11月11日(土) 慢性呼吸器疾患の呼吸療法とケア
慢性呼吸器疾患リハビリテーション【演習】
在宅酸素療法・NPPVなど呼吸療法における患者の支援方法がわかる。
リハビリテーションの実際を学ぶ
12月9日(土) 慢性呼吸器疾患患者の臨床倫理【演習】 臨床倫理を学び看護実践に活用できる。
平成30年
1月
呼吸器疾患患者と終末期ケア
慢性呼吸器疾患患者の理解
症例を通して、終末期のケアを学ぶ。
患者・家族の体験を聴き理解を深める。
2月 慢性呼吸器患者のチーム医療および退院支援・調整・連携の実際 在宅療養を支える社会資源の活用や地域との連携を学ぶ。
3月 呼吸器疾患患者の事例検討  

 (*講師の都合により日程の変更はあります。一部公開講座とします)

慢性呼吸器疾患看護専門研修授業科目概要

【受講費用】
 2万5千円(資料・通信費用・講師謝礼・実習費用等を含む)

  • お支払い方法は受講通知とともにお知らせいたします。なお、一度納入した受講費用は、いかなる理由があっても返還いたしません。

【修了資格】
 研修修了資格は、原則として全研修日程の4分の5以上(半日を1回として9回以上出席)に参加していることが必要となります。

【申込用紙】
 以下のPDFファイルをダウンロードしてご使用ください。