呼吸器内科

後期研修医募集

後期研修医を目指す皆様へ

神奈川県立循環器呼吸器病センターは、後期研修医として呼吸器内科を当センターで研鑽を積まれる皆様を心より歓迎します。

 単科病院ではありますが、その特徴を活かして、呼吸器病学の専門知識と技能の習得を基礎に、信頼される高い水準の診断能力を発揮する医師であると同時に新たな臨床研究課題を開拓、遂行できる医師を目指します。また、合わせて研究者、教育者としての基礎能力を習得して頂きます。

呼吸器内科

後期研修医募集

後期研修医を目指す皆様へ

神奈川県立循環器呼吸器病センターは、後期研修医として呼吸器内科を当センターで研鑽を積まれる皆様を心より歓迎します。

 単科病院ではありますが、その特徴を活かして、呼吸器病学の専門知識と技能の習得を基礎に、信頼される高い水準の診断能力を発揮する医師であると同時に新たな臨床研究課題を開拓、遂行できる医師を目指します。また、合わせて研究者、教育者としての基礎能力を習得して頂きます。

呼吸器内科

後期研修医募集

後期研修医を目指す皆様へ

神奈川県立循環器呼吸器病センターは、後期研修医として呼吸器内科を当センターで研鑽を積まれる皆様を心より歓迎します。

 単科病院ではありますが、その特徴を活かして、呼吸器病学の専門知識と技能の習得を基礎に、信頼される高い水準の診断能力を発揮する医師であると同時に新たな臨床研究課題を開拓、遂行できる医師を目指します。また、合わせて研究者、教育者としての基礎能力を習得して頂きます。

後期研修医を目指す皆様へ

 こんにちは、副院長兼呼吸器内科部長の小倉と申します。幸いなことに当科においては、臨床能力の高い指導医クラスの医師が活躍しており、教育や人材育成に情熱を持って取り組んでいます。従って、当センターの研修では、医師として必要な基本技術や患者さんとのコミュニケーションを習得できるのみならず、診断・治療における論理的な考え方や全人的治療とは何かということを体感・学習できると確信しています。

後期研修医を目指す皆様へ

 こんにちは、副院長兼呼吸器内科部長の小倉と申します。幸いなことに当科においては、臨床能力の高い指導医クラスの医師が活躍しており、教育や人材育成に情熱を持って取り組んでいます。従って、当センターの研修では、医師として必要な基本技術や患者さんとのコミュニケーションを習得できるのみならず、診断・治療における論理的な考え方や全人的治療とは何かということを体感・学習できると確信しています。

後期研修医を目指す皆様へ

 こんにちは、副院長兼呼吸器内科部長の小倉と申します。幸いなことに当科においては、臨床能力の高い指導医クラスの医師が活躍しており、教育や人材育成に情熱を持って取り組んでいます。従って、当センターの研修では、医師として必要な基本技術や患者さんとのコミュニケーションを習得できるのみならず、診断・治療における論理的な考え方や全人的治療とは何かということを体感・学習できると確信しています。

カリキュラムの概要

当科は、呼吸器一般病床が約100床、結核病床が60床で、多くの患者さんを経験できます。カリキュラムは、呼吸器病学を専攻しようという医師が呼吸器病全般の知識と臨床能力を高めることを目的とし、さらにみずからの専門分野の選択を可能とするような好奇心と研究的な態度を養うようにします。とはいっても受け身的な態度ではなく、指導医との自由活発な議論があり、カンファレンスは、毎朝8時より30分程度行い、新患及び問題症例を検討します。うわさの部長回診は毎週月曜日19時から行い、担当医との密なディスカッションを行います。もちろん、外来で困っている症例についても相談することができます。

カリキュラムの概要

当科は、呼吸器一般病床が約100床、結核病床が60床で、多くの患者さんを経験できます。カリキュラムは、呼吸器病学を専攻しようという医師が呼吸器病全般の知識と臨床能力を高めることを目的とし、さらにみずからの専門分野の選択を可能とするような好奇心と研究的な態度を養うようにします。とはいっても受け身的な態度ではなく、指導医との自由活発な議論があり、カンファレンスは、毎朝8時より30分程度行い、新患及び問題症例を検討します。うわさの部長回診は毎週月曜日19時から行い、担当医との密なディスカッションを行います。もちろん、外来で困っている症例についても相談することができます。

カリキュラムの概要

当科は、呼吸器一般病床が約100床、結核病床が60床で、多くの患者さんを経験できます。カリキュラムは、呼吸器病学を専攻しようという医師が呼吸器病全般の知識と臨床能力を高めることを目的とし、さらにみずからの専門分野の選択を可能とするような好奇心と研究的な態度を養うようにします。とはいっても受け身的な態度ではなく、指導医との自由活発な議論があり、カンファレンスは、毎朝8時より30分程度行い、新患及び問題症例を検討します。うわさの部長回診は毎週月曜日19時から行い、担当医との密なディスカッションを行います。もちろん、外来で困っている症例についても相談することができます。

同僚同士の議論

呼吸器内科の一般的な知識を得た上で、さらに専門的な知識が必要な場合、その分野の得意な同僚に気軽に意見を求めることができます。

同僚同士の議論

呼吸器内科の一般的な知識を得た上で、さらに専門的な知識が必要な場合、その分野の得意な同僚に気軽に意見を求めることができます。

同僚同士の議論

呼吸器内科の一般的な知識を得た上で、さらに専門的な知識が必要な場合、その分野の得意な同僚に気軽に意見を求めることができます。

朝カンファ

自分だけの担当患者さんだけでなく、チーム全体の患者さんをみること

によって、模擬訓練になります。

また当直帯でおこったことなどの報告もあります。

朝カンファ

自分だけの担当患者さんだけでなく、チーム全体の患者さんをみること

によって、模擬訓練になります。

また当直帯でおこったことなどの報告もあります。

朝カンファ

自分だけの担当患者さんだけでなく、チーム全体の患者さんをみること

によって、模擬訓練になります。

また当直帯でおこったことなどの報告もあります。

手を動かすたびに発見がある。

気管支鏡検査も年々多様化しています。

従来のTBLB、 BALに加えガイドシース併用気管支腔内超音波断層法を用いた末梢超音波ガイド下TBLBとバーチャル内視鏡とのコンビネーションや、縦隔リンパ節の診断に無くてはならないEBUS-TBNAなどを行っております。機器の向上にcatch upしていくことも重要です。

手を動かすたびに発見がある。

気管支鏡検査も年々多様化しています。

従来のTBLB、 BALに加えガイドシース併用気管支腔内超音波断層法を用いた末梢超音波ガイド下TBLBとバーチャル内視鏡とのコンビネーションや、縦隔リンパ節の診断に無くてはならないEBUS-TBNAなどを行っております。機器の向上にcatch upしていくことも重要です。

手を動かすたびに発見がある。

気管支鏡検査も年々多様化しています。

従来のTBLB、 BALに加えガイドシース併用気管支腔内超音波断層法を用いた末梢超音波ガイド下TBLBとバーチャル内視鏡とのコンビネーションや、縦隔リンパ節の診断に無くてはならないEBUS-TBNAなどを行っております。機器の向上にcatch upしていくことも重要です。

[ZEN]

息抜きも必要です。写真のような循呼桜をみて和むもよし、物思いに耽るもよし、

勉強熱心なあなたには、平日休日問わず、学会参加が認められています。

[ZEN]

息抜きも必要です。写真のような循呼桜をみて和むもよし、物思いに耽るもよし、

勉強熱心なあなたには、平日休日問わず、学会参加が認められています。

[ZEN]

息抜きも必要です。写真のような循呼桜をみて和むもよし、物思いに耽るもよし、

勉強熱心なあなたには、平日休日問わず、学会参加が認められています。

特殊外来

びまんな日々

他の病院にはあまりみかけない特殊外来の数々。そこには、一定のマニュアルなど存在しない。今までの経験と知識を駆使して切り抜ける。懐かしさにひたっている暇はない。

数多いCRPT検討会も充実。

特殊外来

びまんな日々

他の病院にはあまりみかけない特殊外来の数々。そこには、一定のマニュアルなど存在しない。今までの経験と知識を駆使して切り抜ける。懐かしさにひたっている暇はない。

数多いCRPT検討会も充実。

特殊外来

びまんな日々

他の病院にはあまりみかけない特殊外来の数々。そこには、一定のマニュアルなど存在しない。今までの経験と知識を駆使して切り抜ける。懐かしさにひたっている暇はない。

数多いCRPT検討会も充実。

 

肺腫瘍では、

論理思考が必要

 一人ひとり、いろいろな背景やニーズを持っておられる患者さんに対して、個別化した

最善の治療法を考えるには、治療効果の事前確率など相応の知識が求められる。

当科では週2回のオンコロジーカンファで確認していく。

 

肺腫瘍では、

論理思考が必要

 一人ひとり、いろいろな背景やニーズを持っておられる患者さんに対して、個別化した

最善の治療法を考えるには、治療効果の事前確率など相応の知識が求められる。

当科では週2回のオンコロジーカンファで確認していく。

 

肺腫瘍では、

論理思考が必要

 一人ひとり、いろいろな背景やニーズを持っておられる患者さんに対して、個別化した

最善の治療法を考えるには、治療効果の事前確率など相応の知識が求められる。

当科では週2回のオンコロジーカンファで確認していく。

 

 

呼吸リハビリ

 

 

あの自由に動けていた昔。

 

 

呼吸リハビリ

 

 

あの自由に動けていた昔。

 

 

呼吸リハビリ

 

 

あの自由に動けていた昔。

一瞬での変化はない


地道な作業の積み重ねが重要

特効薬を求める方にはおすすめできないかもしれない。

しかし、知識を知恵へと体得させようとする方々には可能な限り援助を行います。

一瞬での変化はない


地道な作業の積み重ねが重要

特効薬を求める方にはおすすめできないかもしれない。

しかし、知識を知恵へと体得させようとする方々には可能な限り援助を行います。

一瞬での変化はない


地道な作業の積み重ねが重要

特効薬を求める方にはおすすめできないかもしれない。

しかし、知識を知恵へと体得させようとする方々には可能な限り援助を行います。

後期研修医

卒業生の声

椎原淳 先生

私が神奈川県立循環器呼吸器病センター(ジュンコ)でレジデント生活を送っていたのは、私が医師4,5年目の時でした。呼吸器専門の病院でもっとaggressiveな研修をしてみたい!と思ったのが理由でした。知識が加速度的に増えるこの時期に、小倉先生をはじめ、才能溢れる中堅の先生達・レジデントの仲間たちの中で研修できたのは私の呼吸器内科人生にとって幸運なことでした。画像や症例ごとにあーだこーだdiscussionをあんなにしたのも初めてでした。ジュンコの呼吸器内科は呼吸器外科との連携も極めてよく(いや、良すぎか!?)、手術室で手術を見たり、カメラを持って手術記録に名前を入れてもらったりもしました・・・!レジデント2年目には無理を言ってERSで発表させていただきました。ジュンコを卒業後、大学院へ進学しましたが、ジュンコの臨床経験を支えにして研究を行うことができています。先輩方もみな優しく、ことあるごとに連絡を取らせていただいたり、呼吸器学会総会の宴会に混ぜて(乱入させて)もらったりしています。呼吸器内科臨床のspecialityを高めるために、その後の研究への足がかりに、ジュンコの後期レジデントはオススメです。是非。

 

後期研修医

卒業生の声

椎原淳 先生

私が神奈川県立循環器呼吸器病センター(ジュンコ)でレジデント生活を送っていたのは、私が医師4,5年目の時でした。呼吸器専門の病院でもっとaggressiveな研修をしてみたい!と思ったのが理由でした。知識が加速度的に増えるこの時期に、小倉先生をはじめ、才能溢れる中堅の先生達・レジデントの仲間たちの中で研修できたのは私の呼吸器内科人生にとって幸運なことでした。画像や症例ごとにあーだこーだdiscussionをあんなにしたのも初めてでした。ジュンコの呼吸器内科は呼吸器外科との連携も極めてよく(いや、良すぎか!?)、手術室で手術を見たり、カメラを持って手術記録に名前を入れてもらったりもしました・・・!レジデント2年目には無理を言ってERSで発表させていただきました。ジュンコを卒業後、大学院へ進学しましたが、ジュンコの臨床経験を支えにして研究を行うことができています。先輩方もみな優しく、ことあるごとに連絡を取らせていただいたり、呼吸器学会総会の宴会に混ぜて(乱入させて)もらったりしています。呼吸器内科臨床のspecialityを高めるために、その後の研究への足がかりに、ジュンコの後期レジデントはオススメです。是非。

 

後期研修医

卒業生の声

椎原淳 先生

私が神奈川県立循環器呼吸器病センター(ジュンコ)でレジデント生活を送っていたのは、私が医師4,5年目の時でした。呼吸器専門の病院でもっとaggressiveな研修をしてみたい!と思ったのが理由でした。知識が加速度的に増えるこの時期に、小倉先生をはじめ、才能溢れる中堅の先生達・レジデントの仲間たちの中で研修できたのは私の呼吸器内科人生にとって幸運なことでした。画像や症例ごとにあーだこーだdiscussionをあんなにしたのも初めてでした。ジュンコの呼吸器内科は呼吸器外科との連携も極めてよく(いや、良すぎか!?)、手術室で手術を見たり、カメラを持って手術記録に名前を入れてもらったりもしました・・・!レジデント2年目には無理を言ってERSで発表させていただきました。ジュンコを卒業後、大学院へ進学しましたが、ジュンコの臨床経験を支えにして研究を行うことができています。先輩方もみな優しく、ことあるごとに連絡を取らせていただいたり、呼吸器学会総会の宴会に混ぜて(乱入させて)もらったりしています。呼吸器内科臨床のspecialityを高めるために、その後の研究への足がかりに、ジュンコの後期レジデントはオススメです。是非。

 

後期研修医卒業生の声

松嶋 敦 先生

私は2008年4月から2年間、循呼センターで後期研修をさせて頂きました。
元々大学の医局の上司が小倉先生と知り合いで研修先として勧めて下さいました。私と同じように全国から研修に来ている同僚と先輩医師を含め常に15人近い呼吸器内科医が所属しており関東でも指折りの呼吸器の専門性の高い病院でした。
肺癌、感染症、アレルギー、間質性肺炎などの得意分野を有する多くの先輩医師に何でも質問出来る雰囲気があります。入院患者、外来、検査を責任持って担当することで、飛躍的に臨床能力が向上しました。特にびまん性肺疾患に関しては、全国的に有名な小倉先生に多くの患者さんが集まり、CRP(臨床-画像‐病理)診断の醍醐味を味わえました。また肺癌に関しても常に複数の臨床試験が進行しており、常に最新の治療を学べました。更に特徴的なのは結核病床も有しているので、結核の診断から治療まで全ての診療に携わることも出来ました。
このように様々な分野の多くの症例を経験することで、そこから得たデータを用いて多くの学会に演題を出し発表させて頂きました。意欲さえあれば、自分の興味のある分野を見つけてアカデミックに活躍出来る場所だと思います。循呼センターでの経験が私の呼吸器内科医としての土台を支えてくれており、大変有意義な研修が送れたと感謝しています。

後期研修医卒業生の声

松嶋 敦 先生

私は2008年4月から2年間、循呼センターで後期研修をさせて頂きました。
元々大学の医局の上司が小倉先生と知り合いで研修先として勧めて下さいました。私と同じように全国から研修に来ている同僚と先輩医師を含め常に15人近い呼吸器内科医が所属しており関東でも指折りの呼吸器の専門性の高い病院でした。
肺癌、感染症、アレルギー、間質性肺炎などの得意分野を有する多くの先輩医師に何でも質問出来る雰囲気があります。入院患者、外来、検査を責任持って担当することで、飛躍的に臨床能力が向上しました。特にびまん性肺疾患に関しては、全国的に有名な小倉先生に多くの患者さんが集まり、CRP(臨床-画像‐病理)診断の醍醐味を味わえました。また肺癌に関しても常に複数の臨床試験が進行しており、常に最新の治療を学べました。更に特徴的なのは結核病床も有しているので、結核の診断から治療まで全ての診療に携わることも出来ました。
このように様々な分野の多くの症例を経験することで、そこから得たデータを用いて多くの学会に演題を出し発表させて頂きました。意欲さえあれば、自分の興味のある分野を見つけてアカデミックに活躍出来る場所だと思います。循呼センターでの経験が私の呼吸器内科医としての土台を支えてくれており、大変有意義な研修が送れたと感謝しています。

後期研修医卒業生の声

松嶋 敦 先生

私は2008年4月から2年間、循呼センターで後期研修をさせて頂きました。
元々大学の医局の上司が小倉先生と知り合いで研修先として勧めて下さいました。私と同じように全国から研修に来ている同僚と先輩医師を含め常に15人近い呼吸器内科医が所属しており関東でも指折りの呼吸器の専門性の高い病院でした。
肺癌、感染症、アレルギー、間質性肺炎などの得意分野を有する多くの先輩医師に何でも質問出来る雰囲気があります。入院患者、外来、検査を責任持って担当することで、飛躍的に臨床能力が向上しました。特にびまん性肺疾患に関しては、全国的に有名な小倉先生に多くの患者さんが集まり、CRP(臨床-画像‐病理)診断の醍醐味を味わえました。また肺癌に関しても常に複数の臨床試験が進行しており、常に最新の治療を学べました。更に特徴的なのは結核病床も有しているので、結核の診断から治療まで全ての診療に携わることも出来ました。
このように様々な分野の多くの症例を経験することで、そこから得たデータを用いて多くの学会に演題を出し発表させて頂きました。意欲さえあれば、自分の興味のある分野を見つけてアカデミックに活躍出来る場所だと思います。循呼センターでの経験が私の呼吸器内科医としての土台を支えてくれており、大変有意義な研修が送れたと感謝しています。

後期研修医卒業生の声

池田 慧 先生

私は、神奈川県立循環器呼吸器病センターで3年間の後期研修を修了しました。
現在では、特にびまん性肺疾患や肺癌の分野において、西日本にいてもしばしばその名前を聞く機会がありますが、当時の私は無知で、県内随一に呼吸器内科の病床数が多いから、という程度の理由で選びました(よく採用されたものだと、今となっては思います)。
最初の半年間はマンツーマンで丁寧に指導を受け、その後は主治医として多くの患者さんを担当させていただきました。外来では紹介新患担当もさせていただき、悩むことも非常に沢山ありましたが、指導医であった馬場先生は聞くのが憚られるような素朴な質問でも真摯に対応してくださり、また毎朝8時からの症例提示や、全体・およびスモールグループのカンファレンスで入院前後のフォローもして頂いていたので、落ち着いて仕事に望む事が出来ました。
正直、優秀なレジデントではなかったと思いますが、尊敬する指導医や、寛大で穏やかなスタッフの先生方に支えられ、お尻を叩かれ、医師としての経験を少しずつ積んでいきました。小倉先生の人柄もあって、当時から若手の近い年代の先生はモチベーションの高い優秀な方ばかりで、日々大きな刺激を受けたものでした。
国内・外を問わず、学会・研究会での発表の機会もとても豊富です。私はやや消極的であった事を後悔していますが、やる気があればそれだけ大きなチャンスがあります。

後期研修終了後、平成24年4月から、岡山県の倉敷中央病院呼吸器内科でスタッフとして勤務しておりますが、離れてみて、そこでの経験がどれだけ得がたいものであったかを、日々感じます。
後期研修からあまり専門性の高い病院に行くのは…とお考えになる方もいると思うのですが、そもそも呼吸器内科は扱う疾患も幅広く、忙しい後期研修医はそんなことを考えている暇や余裕は正直無いです。臆せず飛び込めば、得るものはとても大きいと思います。

後期研修医卒業生の声

池田 慧 先生

私は、神奈川県立循環器呼吸器病センターで3年間の後期研修を修了しました。
現在では、特にびまん性肺疾患や肺癌の分野において、西日本にいてもしばしばその名前を聞く機会がありますが、当時の私は無知で、県内随一に呼吸器内科の病床数が多いから、という程度の理由で選びました(よく採用されたものだと、今となっては思います)。
最初の半年間はマンツーマンで丁寧に指導を受け、その後は主治医として多くの患者さんを担当させていただきました。外来では紹介新患担当もさせていただき、悩むことも非常に沢山ありましたが、指導医であった馬場先生は聞くのが憚られるような素朴な質問でも真摯に対応してくださり、また毎朝8時からの症例提示や、全体・およびスモールグループのカンファレンスで入院前後のフォローもして頂いていたので、落ち着いて仕事に望む事が出来ました。
正直、優秀なレジデントではなかったと思いますが、尊敬する指導医や、寛大で穏やかなスタッフの先生方に支えられ、お尻を叩かれ、医師としての経験を少しずつ積んでいきました。小倉先生の人柄もあって、当時から若手の近い年代の先生はモチベーションの高い優秀な方ばかりで、日々大きな刺激を受けたものでした。
国内・外を問わず、学会・研究会での発表の機会もとても豊富です。私はやや消極的であった事を後悔していますが、やる気があればそれだけ大きなチャンスがあります。

後期研修終了後、平成24年4月から、岡山県の倉敷中央病院呼吸器内科でスタッフとして勤務しておりますが、離れてみて、そこでの経験がどれだけ得がたいものであったかを、日々感じます。
後期研修からあまり専門性の高い病院に行くのは…とお考えになる方もいると思うのですが、そもそも呼吸器内科は扱う疾患も幅広く、忙しい後期研修医はそんなことを考えている暇や余裕は正直無いです。臆せず飛び込めば、得るものはとても大きいと思います。

後期研修医卒業生の声

池田 慧 先生

私は、神奈川県立循環器呼吸器病センターで3年間の後期研修を修了しました。
現在では、特にびまん性肺疾患や肺癌の分野において、西日本にいてもしばしばその名前を聞く機会がありますが、当時の私は無知で、県内随一に呼吸器内科の病床数が多いから、という程度の理由で選びました(よく採用されたものだと、今となっては思います)。
最初の半年間はマンツーマンで丁寧に指導を受け、その後は主治医として多くの患者さんを担当させていただきました。外来では紹介新患担当もさせていただき、悩むことも非常に沢山ありましたが、指導医であった馬場先生は聞くのが憚られるような素朴な質問でも真摯に対応してくださり、また毎朝8時からの症例提示や、全体・およびスモールグループのカンファレンスで入院前後のフォローもして頂いていたので、落ち着いて仕事に望む事が出来ました。
正直、優秀なレジデントではなかったと思いますが、尊敬する指導医や、寛大で穏やかなスタッフの先生方に支えられ、お尻を叩かれ、医師としての経験を少しずつ積んでいきました。小倉先生の人柄もあって、当時から若手の近い年代の先生はモチベーションの高い優秀な方ばかりで、日々大きな刺激を受けたものでした。
国内・外を問わず、学会・研究会での発表の機会もとても豊富です。私はやや消極的であった事を後悔していますが、やる気があればそれだけ大きなチャンスがあります。

後期研修終了後、平成24年4月から、岡山県の倉敷中央病院呼吸器内科でスタッフとして勤務しておりますが、離れてみて、そこでの経験がどれだけ得がたいものであったかを、日々感じます。
後期研修からあまり専門性の高い病院に行くのは…とお考えになる方もいると思うのですが、そもそも呼吸器内科は扱う疾患も幅広く、忙しい後期研修医はそんなことを考えている暇や余裕は正直無いです。臆せず飛び込めば、得るものはとても大きいと思います。