ご来院の方へ

慢性心不全(398)

(1)対象となる疾患
   慢性心不全

(2)使用される新薬
   ダパグリフロジン(SGLT-2阻害剤)

(3)治験実施方法(治験のデザイン)
   第III相試験
   A群:ダパグリフロジン
   B群:プラセボ
※治験に参加した患者さまは、ご自身で治療を選択することはできません。どの治療を受けているかは、あなたにも担当医師にもわからないようになっています。
※プラセボとは、外見は治験薬と同じで、薬としての薬効成分を含まない偽薬のことです。治験薬の効果や副作用などを客観的に評価することを目的として使用されます。

(4)この治験に参加いただける患者さんの主な基準

  1. 文書による同意が得られている方。
  2. 18歳以上。
  3. 収縮性が低下した症候性の心不全が診断されて2ヶ月以上持続しており、必要に応じて薬剤及び/または医療機器による適切な治療を受けられている方。
  4. 同意日の前12カ月以内に心臓の収縮率の低下が40%以下であった方。
  5. 同意日における心臓の働きを示す検査項目(NT-proBNP)が600 pg/mL以上の方。
  6. 収縮性が低下した心不全に対する標準的な基礎治療を受けている方。
  7. 同意日における血液検査で、腎臓の機能を示す数値(eGFR)が30 mL/min/1.73 m2以上の方。

※ 治験を出来るだけ安全に行い、得られた結果を正しく評価するため、この治験に参加していただく患者さんの条件が定められています。そのため、治験への参加に同意いただいても、参加いただけない場合がありますが、ご了承ください。

〈この治験に関する問い合わせ先〉
神奈川県立循環器呼吸器病センター 臨床研究所 治験管理室
治験問い合わせ担当(病院代表:045-701-9581)

治験一覧に戻る

PAGE TOP