ご来院の方へ

肺がん(419)

(1)対象となる疾患
   非小細胞肺がん
(2)使用される新薬
   PD-1阻害薬、血管新生阻害薬
(3)治験実施方法(治験のデザイン)
   第III相試験
   A群:PD-1阻害薬+血管新生阻害薬
   B群:PD-1阻害薬+プラセボ

※治験に参加した患者さまは、ご自身で治療を選択することはできません。どの治療を受けているかは、あなたにも担当医師にもわからないようになっています。

※プラセボとは、外見は治験薬と同じで、薬としての薬効成分を含まない偽薬のことです。治験薬の効果や副作用などを客観的に評価することを目的として使用されます。

(4)この治験に参加いただける患者さんの主な基準

  1. 前治療歴のないIV期の非小細胞肺癌と診断された
  2. EGFR、ALK又はROS1阻害剤の適応にならない
  3. 保存腫瘍組織検体又は新たに採取した腫瘍生検検体の提出ができる
  4. 画像検査で評価が可能な病変がある
  5. 血圧が十分にコントロールできている
  6. 臨床検査結果で適切な臓器機能が十分に保たれていると確定されている
  7. 文書による同意が得られる方
  8. 激しい活動は制限されるが、歩いたり、軽い家事、事務作業はできる方

※ 治験を出来るだけ安全に行い、得られた結果を正しく評価するため、この治験に参加していただく患者さんの条件が定められています。そのため、治験への参加に同意いただいても、参加いただけない場合がありますが、ご了承ください。

〈この治験に関する問い合わせ先〉
神奈川県立循環器呼吸器病センター 臨床研究所 治験管理室
治験問い合わせ担当(病院代表:045-701-9581)

治験一覧に戻る

PAGE TOP