ご来院の方へ

「心不全(案件番号KCRC-17-0003)」(循環器内科)

臨床研究の名称 心臓MRIを用いた非虚血性心筋症患者の薬物療法による左室reverse remodelingの予測
研究責任者の所属・氏名 循環器内科 医師 加藤 真吾
研究の概要 【目的】
 心臓MRI検査は放射線被曝なく、心機能、梗塞、線維化、心筋血流の定量評価など心筋の生理学的情報を非侵襲的に評価できる画像診断法です。本研究の目的は、心臓MRIで評価した心筋線維化の程度で非虚血性心筋症の患者さんの薬物療法に対する反応性を予測できるかどうか検討することです。
【対象患者】
 2017年5月から2021年3月までに非虚血性心筋症と診断され、薬物療法を開始することになった患者さん。
【方法】
 観察研究、心臓MRIの所見(心機能、梗塞、線維化、心筋血流)と薬物治療の反応性の関係を検討します。
【使用する情報】
 心臓MRI画像、心臓超音波画像、血液検査所見、カテーテル検査所見、カルテから得られる撮影後の経過、具体的には、主要心血管イベント(心筋梗塞、不安定狭心症、入院を要する心不全、致死性不整脈、脳梗塞)の有無
問い合わせ先 ※ 循環器内科 医師 加藤 真吾、部長 福井 和樹
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)

2022年3月作成

  • 研究に情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP