ご来院の方へ

「間質性肺炎などのびまん性肺疾患(案件番号KCRC-18-0038)」
 (呼吸器内科)

臨床研究の名称 びまん性肺疾患の病名推定AIの開発およびその臨床有用性の検証
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 部長 小倉 髙志
研究の概要 【目的】
 特発性間質性肺炎を代表とする、びまん性肺疾患の治療方針決定において病名診断は不可欠ですが、呼吸器専門医でも、その鑑別が難しい場面が多く、医師間および施設間での診断一致率は高いと言えないのが実情です。本研究では、近年、高い識別性能が報告されているAI技術により、びまん性肺疾患の病名推定を行うAIを開発し、その診断性能や臨床有用性を検証することを目的としています。
【対象患者】
 2004年1月~2018年9月までに当センターにてCT検査を実施し、間質性肺炎などのびまん性肺疾患と診断された患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に、下記情報を収集し、病名推定AIの開発とその診断性能や臨床有用性を検討します。収集した情報は電子媒体に記録し、特定の関係者以外がアクセスできない状態で保管されます。また、収集情報は個人を特定できない形に匿名化後、共同研究先(富士フイルム)に提供し、AIの開発に使用されます。
【使用する情報】
 検査画像(DICOM-CTデータ、病理バーチャルスライド)、診断結果(臨床診断、画像診断、病理診断)、患者属性(年齢、性別、喫煙歴)、患者背景(既往症、合併症、生活歴、職歴)、臨床所見(熱や咳の有無などの症状)、検査結果(血液検査、肺機能検査、抗体検査)、投薬情報、経過など
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 医長 馬場 智尚
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)

※ 研究に情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の情報は本研究に利用しないようにいたします。
※ 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP