ご来院の方へ

「間質性肺炎(案件番号KCRC-20-0022)」(放射線科)

臨床研究の名称 当院における慢性呼吸器疾患患者の身体組成分析
研究責任者の所属・氏名 放射線科 部長 岩澤 多恵
研究の概要 【目的】
 特発性肺線維症(IPF)は原因不明の慢性線維化性の間質性肺炎で、現状の診断基準では幅広い病態が含まれ、疾患の進行速度も様々です。これまでCT所見が経時的にどのように変化するのか、長期的に観察した論文はほとんどありません。そのため、この研究ではCT所見を経時的に検討し、長期的なIPFの経過について明らかにします。
【対象患者】
 特発性肺線維症でCTの撮影を2回以上受けられた方のうち、2008年以前にお亡くなりになられた患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に下記情報を収集し匿名化して評価します。なお、CT画像を評価した結果は、横浜市立大学に送り適切に統計解析を行います。
【使用する情報】
 患者背景(年齢、性別、身長、体重、喫煙歴、既往歴)、呼吸機能検査結果、血液検査結果、CT画像、病理画像および所見、MDD診断の結果
問い合わせ先 ※ 放射線科 部長 岩澤 多恵
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581(代表)
  • 研究に試料・情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の試料・情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP