ご来院の方へ

「COVID-19感染症(案件番号KCRC-20-0028)」(呼吸器内科)

臨床研究の名称 COVID-19感染者検出を目的としたAI画像診断サポートツール検査特性確認試験
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 部長 小倉 髙志
研究の概要 【目的】
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、多くの場合は人工呼吸器・ECMOなどの使用に至ることなく軽快しますが、一部の患者さんでは、呼吸不全が進展し、人工的な呼吸機能の補助が必要となります。しかし、どのような患者さんが重症化・重篤化するかは明確ではありません。そのため、この研究ではCT画像や入院時の情報をもとにAI(人工知能)による重症化・重篤化の予測が可能かを評価することを目的とします。
【対象患者】
 2020年1月から5月の間にCOVID-19感染症と診断された方のうち、胸部CT撮影を受けられた患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に、下記情報を収集し匿名化した上で、京都大学にデータを集積し、兵庫県立大学にてAIを用いて解析します。
【使用する情報】
 臨床情報(年齢、性別、発症日、PCR初回陽性日、血圧、脈拍、呼吸回数、SpO2、体温、入院時及び入院中の症状、治療情報、酸素療法、血液検査結果、胸部CT画像データ
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 医長 馬場 智尚
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581(代表)
  • 研究に試料・情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の試料・情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP