ご来院の方へ

「エルドハイム・チェスター病(案件番号KCRC-20-0043)」
(呼吸器内科)

臨床研究の名称 Erdheim-Chester病に関する疫学調査(多施設共同後方視的調査研究)
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 部長 小倉 髙志
研究の概要 【目的】
 エルドハイム・チェスター病(以下ECD)は希な疾患であるため、発症から診断までに時間を要することも多く、また標準的治療も確立されていません。
 そこで、本研究ではECD患者さんの臨床症状、病変部位別の頻度等の基礎的なデータをまとめ、本邦におけるECD診療の実態を把握し、重症度分類の確立、治療指針の作成を行い、ECD患者さんの診断及び治療の一助とすることを目標とします。
【対象患者】
 1990年4月から2025年3月までにECDと診断された患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に、下記情報を収集し、匿名化した上で東京大学にデータを集積し解析します。
【使用する情報】
 患者背景、家族歴、発症時期、診断時期、症状、浸潤臓器、合併症、血液検査所見、病理所見、これまでの治療内容と反応性、経過
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 部長 小倉 髙志
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581(代表)
  • 研究に試料・情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の試料・情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP