ご来院の方へ

「COVID-19肺炎(案件番号KCRC-20-2001)」(呼吸器内科)

臨床研究の名称 ファビピラビル等の抗ウイルス薬が投与されたCOVID-19患者の背景因子と治療効果の検討(観察研究)
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 部長 萩原 恵里
研究の概要 【目的】
 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による肺炎(COVID-19)が日本各地で発生していることが報告されています。COVID-19に対する治療薬は確立されておらず、ファビピラビルなど他のウイルスに対して治療効果がある抗ウイルス薬、その他の抗ウイルス効果が示された薬剤が各医療施設の判断で治療に用いられています。
 本研究では、日本各地の医療機関でファビピラビルなどの抗ウイルス薬やその他の抗ウイルス効果が示された薬剤が投与されたCOVID-19患者の臨床情報を収集、分析することで各薬剤にCOVID-19に対する治療効果が見られるかどうかを検討することを目的としています。
【対象患者】
 2020年から2021年までに当センターにおいて、入院前または入院後の検査検体からSARS-CoV-2 が検出された患者さん
【方法】
 この研究は、既存の臨床情報(診療で得られた情報)を用いる後ろ向き観察(コホート)研究です。
 対象者の方の下記情報を匿名化したうえで、藤田医科大学に集約して解析を行います。
【使用する情報】
 年齢、性別、入院日、入院前の所在(自宅、療養施設など)、基礎疾患、SARS-CoV-2 検出日、SARS-CoV-2検出日の所在(ICU、病棟など)、COVID-19(肺炎)の重症度、抗ウイルス薬による治療の内容、治療への臨床的反応、退院先(自宅、療養施設など)等
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 部長 萩原 恵里
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)
受付時間 平日8:30~17:15

※ 研究に情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の情報は本研究に利用しないようにいたします。
※ 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP