ご来院の方へ

「COVID-19(案件番号KCRC-21-0007)」(呼吸器内科)

臨床研究の名称 COVID-19入院患者に対するバリシチニブ・レムデシビル・ステロイド併用療法の安全性と治療効果の検討
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 医長 丹羽 崇
研究の概要 【目的】
 COVID-19患者に対する治療は、現時点で推奨されているもの以外にも有効とされる治療であれば実臨床下で実施することがあります。COVID-19における高用量ステロイドの安全性と有効性については、薬を何種類か併用しても治療効果が期待できるとの報告があります。しかしその治療に対する知見はまだ十分ではないため、この研究では当センターでバリシチニブ・レムデシビル・ステロイド併用療法を受けた方の情報を収集し、その安全性と治療効果について検討します。
【対象患者】
 2020年11月から2021年6月までにCOVID-19のために当センターに入院し、バリシチニブ・レムデシビル・ステロイド併用療法を受けた患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に下記情報を収集し、検討します。
【使用する情報】
 患者背景(性別、年齢、身長、体重、既往歴)、血液検査結果、入院期間、治療情報、入院時の重症度、酸素投与情報、有害事象、経過など
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 医長 丹羽 崇
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)
受付時間 平日8:30~17:15

2022年2月作成

  • 研究に試料・情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の試料・情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP