ご来院の方へ

「間質性肺炎(案件番号KCRC-21-0037)」(放射線科)

臨床研究の名称 間質性肺炎の細胞浸潤評価に対するCT radiomicsの有用性について
研究責任者の所属・氏名 放射線科 部長 岩澤 多恵
研究の概要 【目的】
 CT画像の定量的な評価手法のひとつであるradiomicsは、肺癌の良性と悪性の鑑別では多くの報告がありますが、間質性肺炎についての報告は多くなく、さらに病理組織とCT画像を比較した報告はありません。そのためこの研究では、CT画像をradiomicsにより評価したものと病理組織の画像を比較して、病変の広がりの程度がradiomicsから推測できるかを後ろ向きに検討します。
【対象患者】
 2018年10月から2021年1月までに、間質性肺炎の評価のため高精細CT撮影を受け、外科的肺生検を受けられた患者さん
【方法】
 上記の患者さんを対象に、下記情報を収集し検討します。
【使用する情報】
 患者背景(年齢、性別、身長、体重、喫煙歴、既往歴など)、診断名、治療薬歴(治療薬含む)、呼吸機能検査、CT画像、病理組織標本画像など
問い合わせ先 ※ 放射線科 部長 岩澤 多恵
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)
受付時間 平日8:30~17:15

2022年2月作成

  • 研究に情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。

オプトアウト一覧に戻る

PAGE TOP