医療関係者の方へ

令和3年度 救急医療連携勉強会の開催報告

11月2日(火) 第5回 救急医療連携勉強会を開催!

 今回の救急医療連携勉強会は、循環器内科部長 福井 和樹 による「当院への搬送患者の事後検証」というテーマで、実際に救急対応した症例を取り上げ、医師から心電図の見方、経過、病院到着時から行う救急医療、具体的手技、心房細動のアブレーションや心臓リハビリ等のチーム医療について説明を行い、情報共有と相互理解を図りました。また、当センターにおける新型コロナウイルス感染症の対応や感染対策についても講義しました。
 この勉強会は当センター医師と救急隊員との連携強化を目的として開催したもので、今回5回目の開催になりました。参加した救急隊員等の皆様は熱心にメモをとられており、感想では「心電図の重要性を再認識した。」「腹部症状でも心疾患の可能性がある事を理解した。」「救急隊の活動に役立つ。」などの感想が述べられました。24名の参加があり、質疑・ディスカッションも交わされ、有意義な時間となりました。

開催日 令和3年11月2日(火)午前10時~午前11時45分
場所 金沢公会堂1号会議室
対象 救急隊員等
テーマ 「当院への搬送患者の事後検証」
講師 神奈川県立循環器呼吸器病センター循環器内科部長 福井 和樹
参加者数 24名
第5回目の救急医療連携勉強会の様子1 第5回目の救急医療連携勉強会の様子2

 今回、金沢消防署の皆様のご協力により新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を行い開催しました。救急医療連携勉強会は、救急連携の原点に立ち戻った会であり、今まさに必要であることを感じた会となりました。今後も開催することをお約束し、無事に閉会となりました。
 ご協力いただいた金沢消防署、参加者の皆様に改めて感謝申し上げます。

地域連携室

PAGE TOP