• 外来のご案内

  • 診療科のご案内

  • 専門外来

  • 入院のご案内

  • 病院について

宗教上の理由等により輸血を拒否する患者さんへ

宗教上の理由等により輸血を拒否する患者さんへBLOOD TRANSFUSION

宗教上の理由等により輸血を拒否する患者さんへ

神奈川県立循環器呼吸器病センターでは、いかなる場合においても「相対的無輸血(※1)」の方針に基づき、以下のごとく対応いたします。

  • 当センターは、患者本人の意思を尊重することを基本と致しますが、輸血なしでは生命の危険が回避できないと判断した場合は、患者さん・ご家族の同意が得られなくても輸血を実施いたします。
  • 相対的無輸血で対応するため、「免責証書」等、「絶対的無輸血治療(※2)」に同意する文書には、署名はいたしません。
  • 以上の方針は、患者さんの意識の有無、成年・未成年の別に関わらず適用します。
  • 当院の方針を十分に説明し理解を得るべく努力しますが、どうしても同意が得られない場合は、他院での治療をお勧めします。
  • 1 【相対的無輸血】

    患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。

  • 2 【絶対的無輸血】

    患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。