• 外来のご案内

  • 診療科のご案内

  • 専門外来

  • 入院のご案内

  • 病院について

「肺癌(案件番号KCRC-18-0010)」(呼吸器外科)

「肺癌(案件番号KCRC-18-0010)」(呼吸器外科)

「肺癌(案件番号KCRC-18-0010)」(呼吸器外科)

臨床研究の名称 肺癌術後異時性多発肺癌および肺内転移症例の治療成績の検討
研究責任者の所属・氏名 所長 田尻 道彦
研究の概要

【目的】
肺癌の手術をした後の経過観察中に再び肺癌を認めた場合、以前の肺癌と同じものか別のものかを判別するのが困難なことがあり、その場合は治療方針を決めるのも難しくなります。この研究では過去の患者さんにおいて、再び肺癌を認めた場合の治療成績を調査し、今後のより適切な診断及び治療方法を検討することを目的としています。


【対象患者】
肺癌の手術後、2000年1月から2017年12月までに再び肺癌を発症し、手術または定位放射線照射を受けた患者さん


【方法】
上記の方を対象に、下記情報を収集し評価します。


【使用する情報】
患者情報(年齢、性別、喫煙歴、既往歴、合併症等)、画像検査所見、病理診断所見、手術情報、がん細胞の遺伝子変異情報、経過等

問い合わせ先 ※ 呼吸器外科 部長 荒井 宏雅
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)
  • 研究に試料・情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の試料・情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。