挨拶・基本理念

副院長 兼 看護局長 挨拶

 循環器呼吸器病センターの看護局の基本理念は、患者さんとご家族の尊厳と権利を尊重した信頼される看護を提供することです。
 2020年から始まった「コロナ禍」に於いて、同年4月に神奈川県の重点医療機関に指定されました。これまで担ってきた結核医療を中断し、COVID-19陽性患者さんと疑似症患者さんに対する医療を提供し、未知のウイルスに対し病院一丸となって戦っています。
 看護局では循環器と呼吸器の一般医療とCOVID-19医療が両立できるよう「コロナの波」に合わせ、セクションを超え補完体制を取り看護提供を行っています。さらに医師や薬剤師など全ての病院職員とのチームワークでこの世界的なパンデミックに挑んでいます。
看護局長 私たちが目標とする看護師は生命と人権を尊重する確固たる倫理観と多様性を認めるやさしさを持った人間性豊かな看護師です。中規模病院ならではの、きめ細やかな教育体制で自ら成長し専門職としてキャリアアップできるよう新たな仲間を支援しています。
 「コロナ禍」だからこそ看護の使命を忘れず、私たちと共に働き患者さんやご家族から信頼される仲間を募集しています。

副院長 兼 看護局長
認定看護管理者
砂田 麻奈美

看護局の基本理念

 患者・家族の尊厳と権利を尊重した信頼される看護を提供します。

【基本方針】

  1. 安全で質の高い看護を実践します
  2. 専門性を発揮しチーム医療を推進します
  3. ワークライフバランスの実現に向けて取り組みます

【2021年度 看護目標】

  1. 患者ひとりひとりに必要なケアを見極め、質の高い看護を実践する
    1)循環器・呼吸器疾患における専門的な看護を実践する
    2)全身管理に必要な知識を基に多職種と協働した個別的な看護を実践する
    3)OJTを強化しスタッフ教育につなげ看護の充実を図る
  2. 地域・在宅で生活する患者支援のためのチーム医療を推進する
    1)生活者としての患者・家族をとりまく背景を理解した看護を実践する
    2)院内外の継続看護を推進する
  3. ヘルシーワークプレイス(健康と安全な職場)を目指す
    1)セクション間の看護師補完体制を充実させる
    2)組織の一員として、看護補助者・夜間看護補助者とともにチーム体制を強化する
    3)勤怠管理システムの導入による時間の見える化から、効果的なタイムマネジメントを実践する