先輩ナースの声

新人ナースの成長をみんなで応援しています

新人ナースの声 新人ナースの声
 入職したばかりのときは緊張の毎日でしたが、先輩方の指導と支援を受け少しずつ仕事に慣れていきました。新人研修では、看護技術の習得やグループワークを通して新人同士で学びを深め、また、院内研修や学習会に参加して得た知識を実践で活かせるように頑張っています。初めて体験する看護技術は、先輩と一緒に手順書を確認して、終わった後は先輩と振り返りをし、根拠に基づいた技術が身に付くように指導していただいています。

新人ナースの声 サポータナースの声
 集中治療室では、新人ナース一人ひとりにメインサポーターを決めていますが、スタッフ全員がサポーターとして関わり新人ナースを支援しています。メインサポーターは、現任教育担当者と共に定期的に新人ナースと振り返りを行い、新人ナースの目標が達成できるように、ケアや処置の経験状況・習得状況を確認し、機会の調整や学習支援をチームに働きかけています。
 5月に配属された時は、右も左もわからない様子だった新人ナースも、半年が過ぎ自分から経験したいケアや処置を伝えることができ、フォローを受け経験を積み上げています。
 これからも、新人ナースが目標とする看護師に一歩でも近づくように、チーム全員で支援していきます。