ご来院の方へ

胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤とは?

 動脈瘤とは、血管の壁が薄くなって大きく膨らんでくる病気をいい、ほとんどが無症状ですが、将来破裂することにより命を失う危険性がある恐ろしい病気です。風船のように膨らむもの(嚢瘤)から、全体的に膨らむもの(紡錘状瘤)まであります。
 主な原因は動脈硬化です。動脈硬化が太い血管で起こると、血管の壁が劣化し、血圧に負けて膨らむのです。
 胸部にできるものを胸部大動脈瘤といい、血管全体が太くなっている紡錐状の大動脈瘤であればその血管横経が6cm以上になると、急に破裂する可能性があります(小さくても形状よっては破裂の危険性があり)。最近、頭、手に行く血管が分岐している心臓に近い弓部大動脈の手術が増加しています。

手術

 手術は動脈瘤を切除して人工血管に置換しますが、従来、非常に困難な手術とされていました。脳分離体外循環(頭部などへ行く血管に別々に血液を送る方法)や中等度低体温循環停止法などの技術導入により手術成績が向上しました。しかし破裂した大動脈瘤の緊急手術はいまだ成績不良です。

 診療実績は、心臓血管外科をご覧ください。

PAGE TOP