ご来院の方へ

大動脈解離

大動脈解離とは?

 大動脈解離とは、大動脈の血管壁がもろくなり裂ける病気で、高血圧や喫煙家の方に多く起こる傾向があります。突然発症することが多く、その場合は急性大動脈解離と呼ばれます。急性大動脈解離の症状は、突然起こる激烈な胸痛や背中の痛みで、失神、手足の麻痺が起こることもあります。心臓に裂けが向かったり、大事な血管が巻き込まれて閉塞したりすると死に至る危険性があり、裂けの場所や程度によっては緊急手術が必要で、当センターではこの疾患が診断され、手術適応と判断すれば緊急手術を行っています。

治療

 手術は、脳分離体外循環(頭部などへ行く血管に別々に血液を送る方法)や中等度低体温循環停止法を用いて上行大動脈や弓部大動脈を人工血管で置換しています。この方法により手術成績が大きく向上しました。

 診療実績は、心臓血管外科をご覧ください。

PAGE TOP