ご来院の方へ

動脈閉塞

閉塞性動脈硬化症とは

 手足の動脈硬化症を指し、97%が足に起こります。足の血管がつまり、足の血の巡りが悪くなる病気です。足が冷たい、しびれる、歩くと足が痛くなるといった症状があり、重症化すると、歩かなくても足が痛くなったり、足先が黒ずんできて指先などが腐ったりします。

治療

大腿~膝窩動脈間バイパス術 動脈硬化による下肢の動脈閉塞では、重症例では手術または血管形成術(血管内治療)が必要となります。血管形成術はバルーン付きのカテーテル(風船付きの細い管)を血管内に入れ、狭くなった血管を広げる方法ですが、これは放射線科と協力して行っています。今後この血管内治療を強化していく方針です。
 手術は閉塞した動脈の手前から閉塞部より先に人工血管をつなぐバイパス手術です。大腿から膝までの動脈閉塞では手術可能ですが、膝より下の場合の手術成績は良くありません。

 診療実績は、心臓血管外科をご覧ください。

PAGE TOP