ご来院の方へ

心臓弁膜症

心臓弁膜症とは?

 血液の流れを一方向に維持するために、心臓内の4つの部屋には、それぞれ弁があります。弁は、部屋の入口と出口にある開閉装置と言えます。この弁に障害が生じ、うまく機能しなくなるのが心臓弁膜症です。
 弁膜症は、血液の通り道が狭くなる狭窄症と、血液が逆流してしまう閉鎖不全症の2つに大きく分けられます。

心臓弁膜症

弁膜症の外科治療(弁形成術と弁置換術)

僧帽弁形成術 手術の対象となるのは、僧帽弁、大動脈弁、三尖弁などの心臓弁膜症です。最近では変性疾患による僧帽弁逆流や高齢化に伴う大動脈弁狭窄などが増加しています。僧帽弁は可能なかぎり患者自身の弁を温存する弁形成術を行っています。大動脈弁は、原則的に人工弁置換を行いますが症例によっては弁形成術も可能です。

弁置換術について(生体弁と機械弁)

 心臓弁を置換するときに使用する人工弁には、牛や豚の組織を加工した生体弁と、パイロライトカーボン製の機械弁があります。
 機械弁は耐久性に優れていますが弁に血栓が付着しやすいために厳格な抗凝固療法(人工弁に血液の塊、血栓ができないようにワーファリンという抗凝固薬を生涯内服する)が必要になります。
 生体弁は、弁としての機能は良好で血栓形成が少なく抗凝固方法が必要でないという利点がありますが、機械弁ほどの耐久性は望めないという欠点があります。
 人工弁を置換されるのは患者さん御本人であるため、人工弁選択においては、再手術の可能性や危険性、生涯にわたるワーファリン服用とQOL、患者さんのライフスタイル、人生観などを含めた十分なディスカッションを行い、患者さんと医師の深い信頼関係のもと、最終的には患者自身がその決定を行うことが大切であると考えます。

その他

 また、弁膜症に合併する心房細動(心房粗動)に対して、メイズ手術(ラジオ波による不整脈手術)を行っています。

 診療実績は、心臓血管外科をご覧ください。

PAGE TOP