• 外来のご案内

  • 診療科のご案内

  • 専門外来

  • 入院のご案内

  • 病院について

「肺MAC症(案件番号KCRC-23-0015)」(呼吸器内科)

「肺MAC症(案件番号KCRC-23-0015)」(呼吸器内科)

「肺MAC症(案件番号KCRC-23-0015)」(呼吸器内科)

臨床研究の名称 難治性肺MAC症に対するAmikacin liposome inhalation suspensionの薬剤性肺障害についての後方視的検討
研究責任者の所属・氏名 呼吸器内科 医師 金子 太一
研究の概要 【目的】
肺MAC症の標準治療はリファンピシン・エタンブトール ・マクロライド系抗菌薬 (クラリスロマイシン、アジスロマイシン) による多剤併用療法が基本ですが、多剤併用療法を行ってもMAC菌の培養陰性化が困難な症例もあり、治療抵抗性肺MAC症の治療戦略が問題になっています。近年、標準治療にAmikacin liposome inhalation suspension(アミカシン硫酸塩吸入製剤:ALIS)を追加することで、標準治療単独よりもMAC菌の培養陰性化が有意に高率に達成することが報告され、ALIS治療が難治性肺MAC症に対する治療選択肢となりました。しかし、ALIS治療の副作用として薬剤性肺障害が報告されており、特に注意が必要とされていますが、今までにALISによる薬剤性肺障害に対する詳細な報告はありません。そのため、この研究では当センターでALIS治療を受けた難治性肺MAC症の方について調査し、ALISによる薬剤性肺障害の臨床・放射線・病理学的特徴について新たな知見を得ることを目的とします。
【対象患者】
2021年4月から2023年7月までに難治性肺MAC症に対してALIS治療を受けた患者さん
【方法】
上記の方を対象に下記情報を収集し検討します。
【使用する試料・情報】
  • 患者基本情報(年齢、性別、喫煙歴、身体所見など)
  • 検査所見に関する情報(血液検査、CT画像所見、病理学的所見など)
  • 治療に関する情報(症状、治療内容、治療経過、肺MAC症の罹患期間、ALIS吸入から肺障害発症までの期間など)
【情報使用の開始予定日】
2023年8月開始予定
問い合わせ先 ※ 呼吸器内科 医師 金子 太一
〒236-0051 横浜市金沢区富岡東6-16-1
神奈川県立循環器呼吸器病センター
電話番号 045-701-9581 (代表)
受付時間 平日8:30~17:15

2023年8月作成

  • 研究に情報を提供したくない場合はお申し出ください。お申し出いただいても不利益を生じることはありません。上記の問い合わせ先までご連絡いただけましたら、その方の情報は本研究に利用しないようにいたします。
  • 問い合わせ先の担当者が不在の場合は、臨床研究室にお問い合わせください。