診療科のご案内 -放射線科-

放射線治療

放射線治療(リニアック)

がんにピンポイントで照射。精密な放射線治療(リニアック)を行っています。

放射線治療とは

放射線治療とは 放射線治療は、がんの外科手術・抗がん剤と並ぶがんの治療法の一つで、高エネルギー放射線を照射してがんを退治する治療法です。

当センターの放射線治療装置(リニアック)は

 新しく整備したリニアックでは、病気の種類や場所(深さ)によってエネルギー強度を任意に変更し、X線、電子線などの放射線を使い分けて治療が行えます。

定位放射線治療(SRT)と強度変調放射線治療(IMRT)が可能な装置です。


定位放射線治療(SRT)と強度変調放射線治療(IMRT)とは

  • 当センターでのこれまでの放射線治療は、ほとんどが対向2門の照射でしたが、新しく整備したリニアックでは、放射線を多方向から照射する定位放射線治療(SRT)強度変調放射線治療(IMRT)も行っていきます。
  • SRTでは均一な強さの放射線を多方向から照射し、病変部分に放射線を集中させます。
  • IMRTでは放射線の強さを不均一にできるため、様々な強さの放射線を同時に用いることにより、SRT以上に複雑な照射が可能であり、例えば、悪性中皮腫のような場合には、胸膜に沿ったC字型の照射も可能です。

CT画像を用いた治療計画に基づき治療を行います。

 診断に用いるのと同じ性能のCTが同室内にあり、このCTで撮影した画像を用いて治療を行います。

呼吸同期の放射線治療設備も導入しました。

 CTを使って位置合わせを行っても、肺がんの場合は、呼吸により腫瘍が動き、ずれが生じます。新しく整備したリニアックは、呼吸同期の放射線治療設備も備えていますので、まず、治療計画の段階で腫瘍の呼吸性移動の程度を把握し、実際の放射線治療時には、呼吸をモニターしながら呼気時又は吸気時に照射することで、腫瘍以外の肺への照射を抑えることができます。

治療イメージ 治療は、15~30分程度仰向けに静止して寝ているだけで受けられます。

治療の対象となる病気は

肺イメージ 肺がんを中心に治療を行っています。他の部位の治療については、ご相談ください。
 当センターでは、循環器・呼吸器疾患の病院の特性を生かして肺がん治療を中心に行います。

放射線治療の流れ
診察 担当医師診察 放射線治療の担当医師が診察し、治療について説明します。
放射線治療用CT撮影  放射線治療のターゲットの位置を決定するために、治療装置と同室にあるCTで画像を撮影し、病変や正常組織などの情報を取得します。
 また、治療に必要なマーキングを行います。その後、治療開始日、時間をお知らせし帰宅となります。
CT同室の放射線治療装置
放射線治療計画  CTで得られた画像情報は、放射線治療計画装置というコンピュータに送られ、医師が、照射する範囲、放射線のエネルギー、量などを決定します。
画像を基に治療計画※ 診断に用いるのと同じ性能のCTで撮影した画像を基に治療計画を立てます。
これにより解像度の高い画像を用いた位置合わせができますし、普通のX線写真では写らないような小さな肺がんについても、位置合わせをすることができます。
放射線治療  決定した治療計画に基づき、放射線治療を行います。
 照射回数は、病変の種類や部位により、1回で終了する場合から35回程度(月曜~金曜、毎日照射して7週間)まで様々です。
放射線装置
※ CT併設型の放射線治療装置を用いて、治療の際にもモニターしながら照射を行います。
放射線治療終了経過観察  治療終了後は、かかりつけの医師に経過観察を受けていただきます。当センターにおいても経過観察をしていきます。
スタッフ紹介

スタッフ紹介イメージ

  • 医師
  • 診療放射線技師
  • 看護師

放射線治療の申込み

放射線治療の申込みイメージ

  • 放射線治療は予約制です。
    かかりつけの医師にご相談ください。放射線科で予約を受け付けています。
  • 予約受付電話番号/045-701-9581(代表)
  • 診察日/平日 月曜日~金曜日
  • 予約受付時間/平日 8時30分~17時
    予約時に患者さんの病名、状態、氏名、性別、生年月日をお聞きしています。

診療受付時間

8:30~11:00(平日)

※曜日により診療科が異なります。

外来診療担当表

休診日

土・日・祝日・年末年始

病棟面会時間

13:00~20:00(平日)
11:00~20:00(土日祝)

PAGE TOP