ご来院の方へ

検査科のご案内

 検査科では、患者さんに安心して検査を受けて頂けるよう、正確かつ迅速な検査を常に心がけています。
 外来採血室も担当し、外来診察前検査(採血・採尿・心電図・肺機能)を迅速に行っています。また、夜間や休日を含めた24時間の検査体制を整えています。

検査科の検査について

生理機能検査

 循環器と呼吸器の専門病院として充実した検査に取り組んでいます。

心電図

心電図 一般の心電図の他に、24時間心電図を記録するホルター心電図・発作時に自分で記録をとる小型の携帯型発作時心電図・レートポテンシャル心電図、ベルトコンベアの上を歩くトレッドミル運動負荷心電図、自転車を使用するエルゴメータ負荷心電図があります。

超音波検査

 心臓、頚動脈、末梢血管、腎動脈、腹部、体表臓器などに対応しています。
 運動中の心臓の変化を診る運動負荷超音波検査も行っています。

呼吸機能検査

呼吸機能検査 呼吸器専門病院であり、他の病院では行われない多くの検査を実施しています。
 健康診断などでも行われる肺活量・フローボリュームの他に、機能的残気量・肺拡散能・クロージングボリュームが計測できます。
 また呼気中の一酸化窒素の量を測定するNO測定が検査できる数少ない病院のひとつです。
 ボディボックスという透明なボックス内で行う胸郭内気量や気道抵抗の測定、呼吸抵抗を測定する機器も導入しています。
 気管支拡張剤を吸入して前後のフローボリュームを比較する可逆性試験や、呼吸器内科医師が、薬剤を使用して気道過敏性をみるアストグラフも行っています。

睡眠時無呼吸の検査

 入院(1泊)して検査する睡眠ポリグラフ検査、自宅で寝る前に測定器を装着して行う携帯用睡眠ポリグラフ検査、指に測定器をつけて心拍と酸素飽和度を測定する終夜経皮的酸素飽和度検査があります。
 自宅でCPAP(持続的気道陽圧法)を使っている方の使用状況を確認するコンプライアンスチェックも行っています。

心肺運動負荷試験

 呼気ガス分析を使用して行う運動負荷試験です。
 心電図、血圧、呼気の酸素と二酸化炭素の濃度を運動中に記録し、心臓だけでなく、肺や運動に使われている筋肉の状態を総合的に見て運動耐容能を評価する検査です。
 心臓のリハビリテ-ションや、心臓病や生活習慣病の運動処方の作成に利用されます。

その他の検査

 動脈硬化や血管の狭窄の程度がわかる血圧脈波検査、30分毎に自動的に血圧を記録する24時間血圧測定、体脂肪や筋肉の量がわかる体液測定、万歩計のような装置をつけて測定する生活習慣病記録などを行っています。

病理検査

 依頼される病理・細胞診検査の大半が呼吸器疾患の検体です。

病理組織検査

病理組織検査 手術や気管支鏡検査などで採取した組織を標本にします。
 病理医が顕微鏡で観察し、病変の種類や良性・悪性を診断します。
 呼吸器検体が多く、間質性肺炎の件数は日本でも有数です。
 肺がんの検体も多く、診断後の分子病理検査にも対応できるよう病理学会の規定に則って適切に処理を行っています。
 さらに感染症など、それぞれの疾患に応じた標本の作製を行い、迅速に結果報告を行えるようにしています。

術中迅速診断

 摘出された病変の一部から迅速に標本を作り病理医が顕微鏡で観察することで、良性か悪性か、病変が十分に 取りきれたかなどを手術中に診断します。
 この結果により手術の方針が決定されます。

分子病理検査

 肺がんと診断された後に 分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤などを使うためには、分子病理検査などのコンパニオン診断が必要となります。
 殆どが外注検査ですが組織検体などでの提出や結果の管理をし、迅速に報告できるよう努めています。

細胞診検査

細胞診検査 喀痰や胸水などから採取された細胞を標本にして、細胞検査士と病理医とで顕微鏡で観察し検査します。がん細胞の有無を調べるのが主な目的ですが、その他にも依頼に応じて喀痰好酸球数や標本中の病原体(真菌等)の有無も特殊染色も用いて検査しています。

病理解剖

 ご遺族の承諾を得て行われます。
 病変の状態、治療の効果などを検討・評価し、今後の医療に役立てられます。

細菌検査

 病気の原因となっている菌(起炎菌)を調べ、その菌に効果のある抗菌薬を調べる検査(薬剤感受性検査)を行っています。

一般細菌検査

一般細菌検査 対象となる検体は喀痰、血液、カテーテル先端、尿、便、など様々です。
 検体を標本にし顕微鏡で観察する塗抹検査、目的に応じた培地で培養しどの様な菌かを調べる培養同定検査、薬剤感受性検査を行います。

抗酸菌検査

抗酸菌検査 抗酸菌は結核菌と非結核性抗酸菌に分けられます。
 抗酸菌検査は抗酸菌の排菌量を示すガフキー(0号から10号)の分類をするための蛍光染色、菌名同定検査、薬剤感受性検査を行っています。
 また、迅速な結果報告のため結核菌やMACの遺伝子をPCR法で同定しています。

検体検査

 血液・尿などの検体で多項目の検査を行います。

尿・糞便等一般検査

一般検査 尿・便・穿刺液(胸水など)の検査を行います。
 尿検査は主に腎・膀胱等の泌尿器系の検査です。
 尿定性検査は尿中の異常成分の検出をし、尿沈査検査では尿中の異常細胞を顕微鏡を用いて検索します。また尿から肺炎球菌とレジオネラの感染も調べることが出来ます。
 便の潜血反応は消化管出血を反映します。
 穿刺液は全自動装置を用いて迅速に結果を報告し、胸水では肺癌の診断に活用しています。

生化学・免疫検査

 肝機能・腎機能・心機能・腫瘍マーカー・感染症・治療薬の血中濃度、様々な検査を行います。

血液学的検査

 血球算定検査は、赤血球数・白血球数・血小板数・ヘモグロビン濃度などの検査から、貧血や炎症などがわかります。
 血栓・止血関連検査では出血傾向や凝固機能がわかり、また治療薬のモニターとなります。

輸血検査

輸血検査 安全な輸血実施のため、血液型、不規則抗体検査や交差適合試験を行い、緊急輸血にも迅速に対応しています。
 血液製剤の保管、輸血情報の管理、輸血後肝炎などの感染症検査の実施確認や管理を行っています。

PAGE TOP