ご来院の方へ

医療安全推進室のご案内

医療事故防止

 医療安全推進室は、患者さんとご家族の方がより安心して良質で安全な医療を受けられるよう、組織横断的に活動し、医療の安全性や質の向上に努めています。

基本的な考え方

 医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、職員ひとりひとりが医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題として認識し、医療安全管理体制の確立を図り、安全な医療の遂行を徹底することが重要です。
 なお、全ての医療行為、医療システムを患者中心・患者本位のものとして捉えて行動しなければなりません。
 そして、医療事故を防止するにあたり「To Err is Human」(人は誤りを犯す)を前提に「誤り」に対する個人の責任の追及(個人責任的志向)よりも、「誤り」に対する原因を究明(原因究明的志向)し、その防止対策を立てていくことが極めて重要です。

医療安全推進室の役割

  • 医療安全に関する情報収集と情報の発信をします。
  • 各セクションリスクマネージャーの活動を支え、医療の安全性や質の向上に努めます。
  • ヒヤリ・ハット事例および医療事故等発生時の迅速な対応と改善策の策定を行います。

医療安全推進室の組織

室長 副院長(兼務)
副室長 副事務局長(兼務)
医療安全管理者 看護師(専任)
医療機器安全管理責任者 放射線技術科長(兼務)
医薬品安全管理責任者 薬剤科長(兼務)
医事課職員(兼務)  

実際の活動

  • リスクマネージャー会議
     各セクションにリスクマネージャーを配置し、安全管理について組織的に取り組んでいます。毎月1回会議を開催し、医療事故の状況報告や改善策などを検討しています。
  • 職員参加型研修(安全フォーラムの開催)
     医療安全対策、感染防止対策の取り組みを展示すると共に、職員が安全対策の実際を体験し、医療安全・感染防止対策に対する意識の向上を図ることをねらいとしています。

医療安全推進室の活動1

医療安全推進室の活動2  医療安全推進室の活動3

医療安全対策について

  • リストバンドの装着
     当センターでは、患者さんが安心して入院し、治療・検査・処置などを受けていただけるよう、誤認防止のためのリストバンドを導入しています。装着対象は、全入院患者さんと外来で化学療法を受けられる患者さんです。
     誤認防止のために、病院職員は患者さんのお名前をフルネームでお呼びし、患者さん自身にもフルネームでお名前を名乗っていただくご協力をお願いしています。

リストバンド

  • 医療安全推進週間の活動
     厚生労働省は、医療事故の防止対策に取り組むとともに、国民の理解や認識を深めることを目的として、毎年11月25日を含む1週間を「医療安全推進週間」と定めています。
     当センターにおいても、標語を掲げ、ポスターなどの掲示を行い、医療安全への啓発活動に取り組んでおります。

医療安全推進週間の活動

患者相談窓口の設置

 患者さんやご家族からの相談や要望に適切に対応し、医療安全と信頼を高めることを目的に、地域連携室に設置されている総合相談室が窓口となり、対応しております。

患者相談窓口イラスト

PAGE TOP